読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

折々のうた

MUSIC NON STOP, 'BARD' VERSE UNINTERRUPTED

The House of The Rising Sun / American Old Folk / 成立年代不明(記録上の初出1905)

Music Folk, Nursery, Carol, Parlour, Ancient
今日の曲

The House of the Rising Sun / American Old Folk / 成立年代不明(記録上の初出1905)

 

※今日の映像:

The House of the Rising Sun / Dave Van Ronk / 1964

Track info.
記録上の初出:1905年
タイトル:The House of The Rising Sun
アーティスト:不明
作詞・作曲:不明
収録アルバム:不明

・今日の曲はアメリカ南部の民謡「The House of The Rising Sun」

・表題の映像はディランとアニマルズそれぞれのカバーバージョンのアレンジの直接の元になったDave Van Ronkによる音源の映像。彼の1964年のアルバム『Just Dave Van Ronk』Track No.10に収録されている。

・「The House of The Rising Sun」は、アメリカ南部ニューオリンズ地域の民謡で、他の多くの民謡と同じく、作者や成立年代は分かっていない。記録上では「1905年に鉱山労働者の間で知られていた」というのが最も古いものだ。

・研究家からは、16世紀のバラード「The Unfortunate Rake」(この曲は他にも数多くの民謡に影響を与えているという)が元になっている、またメロディは17世紀の古謡「Lord Barnard and Little Musgrave」と関連がある、などの指摘がなされている。(もちろん正確なところは不明であり、否定する意見もある)

・合唱団によるLord Barnard and Little Musgrave」の歌唱の音源

The Ballad of Little Musgrave and Lady Barnard (Benjamin Britten) - YouTube

・現存する録音で最も古いものは"Clarence "Tom" Ashley and Gwen Foster"というシンガー二人による1933年の録音

Tom Clarence Ashley & Gwen Foster: House Of The Rising Sun (1933) - YouTube

・その後数多くのフォークシンガーなどによって歌われている。その中にはウッディ・ガスリーやニーナ・シモンも含まれる。

・ボブ・ディランが62年にファーストアルバムでカバーしてリリースしているが、64年のアニマルズのロックアレンジによるバージョンがヒットしたことで知られている。ディラン、アニマルズそれぞれのバージョンは、いずれもフォークシンガーDave Van Ronkによるものに影響を受けて作られたものである。アニマルズの「The House of The Rising Sun」はフォークロックの先駆けとも言われている。

「The House of The Rising Sun」の1933年からの主要な録音は下記の再生リストで古い順に聴くことが出来る。

House of the rising sun - song history - YouTube

f:id:shin_tsukawaki:20170302023305j:plain'souce'

続きを読む